名前の雑学・最初の子と最後の子

名刺デザイン・スタジオキューブのヘッダ 名刺デザインスタジオキューブ・サイトマップ 名刺リピートオーダー 買い物かご

トップページ

名刺詳細メニューバー 印刷・台紙について フォント変更 裏面印刷 納期 よくあるご質問 データ入稿のご注意

 名前の雑学・最初の子と最後の子

メジャーリーグで大活躍しているイチローは、長男ではなく次男だ…というのはもう結構有名な話。そもそも「太郎」や「一郎」は本来長男を意味することを知らずに名付ける人も増えてきているようですね。

もとは光孝天皇が三人の皇子に太郎・次郎・三郎の順に名を付けたのが最初の例だとされていますが、物事の最初または最大のものを「太郎」2番目のものを「二郎」と呼ぶ言い方もあるそうです。

また年末のお約束「忠臣蔵」。浅野内匠頭の奥さんの名前は「あぐり」。なんだか魅力的な前ではありませんか? 漢字では「阿久里」「阿久利」「亜久里」などが当てられるようですが、そもそも女の子ばっかり生まれて、次はぜひとも男の子が欲しいというときに、その子に「あぐり」と命名すると次は男の子が生まれると信じられていたようです。また、男女を問わずもう子供はいりません、というときにも最後にしたい子供に「あぐり」と付けたといいます。


「名前の雑学」トップへ


オススメ名刺画像 筆文字名刺サンプル 筆文字名刺サンプル 落款風名刺サンプル お名前デザイン名刺サンプル 携帯デザイン名刺サンプル 和の花の名刺サンプル
右側タブ お買い物ガイド 当店の情報 お役立ち情報

名刺デザイン・スタジオキューブ 兵庫県神戸市灘区篠原南町1-5-3-206 メールの画像 support@studio-cube.com
当サイトのデザイン・画像およびテキストの無断引用・転載は堅くお断り申し上げます
Copyright (c)1999-2015 Studio Cube All Rights Reserved.