名前の雑学・日本の名字の分布パターン

名刺デザイン・スタジオキューブのヘッダ 名刺デザインスタジオキューブ・サイトマップ 名刺リピートオーダー 買い物かご

トップページ

名刺詳細メニューバー 印刷・台紙について フォント変更 裏面印刷 納期 よくあるご質問 データ入稿のご注意

 日本の名字の分布パターン

日本人の名字で一番多いのは?と聞かれれば、「佐藤さん・鈴木さん」という答えが返ってくると思います。確かに1位2位はこの名字ですただし、政府による公的な調査は行われおらず、調査方法によって1位が佐藤さんになる場合もあれば鈴木さんになる場合もあります。

でも、西日本に住んでいる人は佐藤さん・鈴木さんと言われてもピンと来ないのではないでしょうか?私も関西人なので、佐藤さん・鈴木さんってそんなに多い?と思っていました。そう、実は佐藤さん・鈴木さんは東日本型の名字なのです。

佐藤さん(1位)高橋さん(2位)が圧倒的に多いのは北海道および東北地方。鈴木さん(1位)佐藤さん(2位)が圧倒的なのは関東・東海地方。

ところが、関西から山陰で1位2位を占めるのは、田中さん・山本さんになり、東海地方と関西の間で驚くほどはっきり分かれてしまいます。京都のみで何とか鈴木さんがトップ10に入っているくらい。

ちなみに境目となる三重県はちょっと特殊(?)で、ダントツの1位は伊藤さん、以下上位は中村・山本・田中・加藤さんになります。では、日本海側は?というと、新潟のトップは佐藤さん、富山が山本さんになるので、ここが境目かな?

この新潟県と富山県の間には、「親不知子不知(おやしらずこしらず」という海辺の難所や飛騨山脈によって、昔は人の行き来が難しかったためと言われています。

その他の地域はというと、四国は一つの島であるにもかかわらず名字の分布がバラバラなのです。こちらも四国山脈があるためでしょうか。上位の姓を見ると、大西・田中(香川県)、佐藤・吉田(徳島県)、村上・越智(愛媛県)、山本・山崎(高知県)と見事に分かれます。中でも特徴的なのは、愛媛県の「越智さん」で、他の県にはほとんどない名字です。 >
九州も独自の分布になっています。西日本型の「田中」さんは多いですが、「中村・山口さん」が多いのも特徴。面白いのは宮城県で、トップの「黒木さん」は、愛媛の越智さん同様に他の県にはほとんどいません。また鹿児島・宮崎の南部では「〜本」が「〜元」に変化する特徴があり「山本」さんが「山元」さんになるのです。西郷隆盛が坂本龍馬に宛てた手紙で、「坂元龍馬」と書いてあるものがあるそうですよ。

沖縄県の上位を占める姓は、比嘉・金城・大城・宮城・玉城…と「城」の付く名字が多いのが特徴です。


「名前の雑学」トップへ


オススメ名刺画像 筆文字名刺サンプル 筆文字名刺サンプル 落款風名刺サンプル お名前デザイン名刺サンプル 携帯デザイン名刺サンプル 和の花の名刺サンプル
右側タブ お買い物ガイド 当店の情報 お役立ち情報

名刺デザイン・スタジオキューブ 兵庫県神戸市灘区篠原南町1-5-3-206 メールの画像 support@studio-cube.com
当サイトのデザイン・画像およびテキストの無断引用・転載は堅くお断り申し上げます
Copyright (c)1999-2015 Studio Cube All Rights Reserved.